暖簾のある居酒屋

居酒屋は古くから庶民の交流の場として、またストレス発散のための場としてお酒の提供をしてきたところです。近年では水炊きやもつ鍋といった、本格志向のお店も出てきていることから低価格で美味しい料理を食べられる場所も多くなっています。

また以前では男性だけでしか入れなかった飲み屋街も綺麗になり女性顧客をターゲットにした新しいスタイルの居酒屋も数多くあります。女子会といった女性ならではのコンセプトを検討したお店は大変人気で、今後ますます女性を主体としたサービスが多く生まれることが予想されます。

居酒屋の活用法
居酒屋の使用目的は様々ですが、うまく活用する方法はクーポンの利用することです。各店舗、お客さまに来てもらうため様々な値引きをおこなっています。

そして、コースにするか単品を頼むか、飲み放題をつけるかつけないかも集まるメンバーによりしっかりと吟味しなければなりません。個室がよいのなら予約時に伝えたりとお店側としっかり話し合いをすることも大切です。

また、予約した場合はキャンセル料、人数の変動にどう対応してくれるのかも確認しておくべきです。

ガラスの扉の居酒屋

もつ鍋は最後にちゃんぽん麺を食べるのが一般的な楽しみ方です。
九州の福岡県で発祥したこの料理は、昔は匂いがきついという理由などで、全国的に広がることはありませんでした。
しかし鍋に入れる大量の野菜と、ホルモンから出るコラーゲンが健康に良いということが明らかになり、極力匂いを少なくしたもつ鍋が一気に全国に広がることになりました。

今では全国の居酒屋でもお目にかかることのあるこの料理は、水炊きと共に今なお根強い人気のある福岡のご当地グルメです。

居酒屋とは
居酒屋とはお酒を楽しむことができる飲食店になります。

居酒屋では、お酒を飲みながらおつまみとして最適な水炊きやもつ鍋を食べることができますので、お酒を楽しむことができる場所として最適となっています。

現在では多くのお店が出店されていますが、夕方から夜中までが基本的な営業時間となっており、金曜日などの社会人や学生が休日の前日には多くの人が訪れる飲食店となっています。そのため、お酒を楽しみながら食事を楽しむことができる賑やかな場所となっています。

お皿とおしぼりが並んでいる

もつ鍋とは、野菜と一緒に牛や豚のホルモンを煮込んだ鍋料理で、醤油味、味噌味、とんこつ味などで食べます。もともとは水炊きや明太子とともに博多の郷土料理ですが、居酒屋などでおいしく安価に食べられることから人気が出て、全国に広がっていきました。

ホルモンがヘルシーであることや、滋養強壮によく、コラーゲンも取れることなどから女性にも人気があり、キムチ味や、チーズをアレンジしたものなど、バリエーションも豊富です。

もつ鍋の起源と進化
もつ鍋の起源は、戦後の間もない頃に炭鉱夫として働いていた、朝鮮半島の人々がホルモンをニラと一緒にアルミ鍋で炊いて、醤油味で食べていたことが最初とされています。その後、唐辛子をごま油で炒めてからモツを入れて味付けし、次にネギを入れてすき焼き風に食べられるようになった「ホルモン鍋」と呼ばれました。

今では、福岡の郷土料理として始まり、全国でも知られる鍋料理となりました。また、最近では塩味やカレー味などもあり、今後もさまざまな進化を遂げたもつ鍋が出てくることは楽しみです。

オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年9月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930